浮気調査を自分で行う方法 調査のコツ

浮気調査を自分で行う方法

このサイトに来られたということは、夫の浮気の疑い、もしくは妻の不倫の疑いがあるということですね。

そこで、自分でも出来る浮気調査方法、簡単調査のコツを紹介したいと思います。

なぜ浮気調査を行う?

まず、浮気調査を行う理由を考えてみてください。
浮気相手と別れさせるためですか?離婚調停、慰謝料をがっぽりもらいたいからですか?
それとも、何もないことを確認し、平穏な生活に戻りたいと思っていますか?

人それぞれ、その理由は違うでしょう。
ただ、ここで言っておきます。
闇雲に行うことは避けたほうがいいでしょう。
別れる気もなく浮気調査を行い、浮気が発覚した場合、悲しむのは本人です。そのやり場はなくただ一人で悩むことになります。

浮気調査はココロして行うことをオススメします。

旦那の浮気で悩む・・・よく読まれている記事
自分でできる浮気調査
浮気調査に定評のある探偵事務所の選び方
夫の浮気@夫の浮気が発覚しました

浮気調査のテクニック

浮気調査=尾行
だと思っている人いませんか?
もちろん、尾行もその1つですが、そこにはテクニックと忍耐が必要です。
ここでは簡単に出来る浮気調査を紹介します。

浮気の兆候に気づく1つの要因が生活習慣です。
そこでその習慣をしっかり把握することです。
そこから見えてくるもの
 ・特定の日だけ帰りが遅い
 ・特定の曜日だけ身だしなみに気をつかう
 ・お金の減りがはやくなった
 ・出張の周期、場所に違和感がある
など、意外とみえてくるものがあります。

ある程度特定ものが見つかれば、確証をつかむという作業になります。
本来は、特定の日に尾行を進めるかもしれませんが、簡単に出来るコツという観点から、そんなことは紹介しません。

特定の日にち、曜日がわかれば、そのポイントの日の財布、かばんを調べるのです。
携帯はガードがかかっていることがおおいですが、財布やかばんは意外とノーガードです。

レシート、領収書、ショップカードなどが見つかる場合がありますので。

本気で離婚を考えている方へ

浮気を実証して、慰謝料をたくさんもらって離婚をお考えの方に、知っておいてもらいたいことがあります。
慰謝料をもらうということは、不貞行為を実証する必要があります。
浮気された側ははじめて、そこで、離婚、慰謝料の請求が可能となります。

この不貞行為の実証ですが、不倫をしているだけでは不貞行為にならないこともありますし、路上でチューくらいでも難しいのが現状です。
本気で有利な離婚を考える場合は、徹底的に探偵事務所に行動をマークしてもらい、性交渉があったと断定できる証拠(ホテル入店から出店までの映像)を押さえる必要があります。

探偵事務所もいろいろありますので、浮気調査に強い探偵事務所を選定したいですね。

原一探偵事務所公式サイト
http://www.haraichi.co.jp/

旦那の浮気でお困りのひとにおすすめのサイト
探偵の選び方

探偵事務所でもらったレポートのやり方

探偵事務所で選定を依頼すると数字を記したレポートを受け取りますが、それだけで障害は解決しません。実質を知った事後、やっとどうすればよいのでしょう。サービスや補償を謳うディーラーは多くありますが、弁護士に相談して下さいと言われるだけということもしばしばあります。探偵事務所の決め方として、手助けを期待できるか否かということも重要なポイントです。センシティヴな障害を向き合うので交流ができて信頼がおけみたいと感じることが大切です。模様の良さだけ認識せず、具体的な答えを見せるか冷静に見るのも決め方のコツです。
レポートのやり方ですが、怒りにまかせて全体を相手に突きつけてはいけません。仲介で活用する奥の手と心得て、ターゲットの負荷や脅しに乗らずにバッチリ待ち受けましょう。弁護士は根拠やレポートのやり方を心得ていますので指定に従いましょう。審理になる部門まで指し、最後まで相手にこいつがどれだけの根拠を握っているか悟らせない結果、こっちが有利になります。

探偵事務所比較

浮気調査中にしてはいけない店

浮気調査を行っている時折、先方に詰め寄らないように気を付けて行動してみるとよいでしょう。
不倫を疑うような状況にせっぱ詰まることにより、先方の事柄が逐一気になって現れるようになります。
この場合、出掛けたり、他のユーザーとこまめに連絡を取り合っていらっしゃることを確認した際に、ふっと詰め寄ってしまいがちになりますが、不倫やることを感づかれたと思われてしまうと、警備がきつくなってしまう。
浮気調査中にしてはいけない実例として、先方に対して過度に干渉しないように気を付けてみるとよいでしょう。
さらに、浮気調査中にしてはいけない実例として、インサイドも巻き込んで調べを行うことも控えておく重要が出てきます。
色々なユーザーを巻き込んだ状況、そのユーザーを通して、先方にも気が付かれてしまうリスクが高くなってくるのです。
調べについては、仮に気を付けていたとしても、他人から本人の耳に入って仕舞うリスクもあります。
ことごとくどこかでばれてしまうことになる結果、その後の調べにも大きな形成が出やすくなってしまうのです。
調べをサクセスさせたいと考えた時折、実に信頼できるユーザーのみに相談して、慎重に調べを行うとよいでしょう。
夫の浮気

夫の浮気相手に補償請求する技術と金について

夫が不倫をしているというのは、女にからしてみればかなりの心的心労を食らうことになります。
精神的な心労を味わった上に夫婦関係も壊されたとなれば、何とも不倫ターゲットを許す進め方にはなれない事でしょう。
ただいつまでも引き続き苦しい気を引きずる事由にもいきませんので、どこかで区切りをつけるようにしなくてはなりません。
そのためにも、夫の浮気ターゲットから補償を貰うようにしましょう。
お金で解決できる問題でもありませんが、多少なりとも進め方がおさまるのであれば不倫ターゲットに対して補償注文を行うようにすることです。
夫の浮気相手に請求する額面としては、100万円位が多くなっています。
これは不倫の度数や年月によって時価が変わるようになります。
注文方策としては、ストレート会って話し合いを進めて行く事も出来ますし、冷静に対処できるか自信がないというのであれば、規律担当に質問を通じて補償を支払って買う道のりでダイアログを進めていくようにください。
探偵比較

最新記事